6月25日(日)社内と社外のHUB(拠点)になる:若手の会、開催!

 

 

f:id:hagananae:20170625092143g:plain

 

 教育委員会の事務局で仕事をするようになって、3年目。

 ようやく仕事の流れも学校や委員との関わりもわかってきて、

 毎日やりがいを感じています。

 というのは、ちょっと照れ臭いのですが、

 なんていうかいい感じに仕事をこなしています。

 課内15人のうち、古株から数えてもまだ3年目なのに、

 二番目くらいに古いみたいな感じなっていて、

 「どんだけ異動させるんだよ、頼むよ!」

 と思いますが、そこは諦観の念で対応しています。

 

 ほんと、うちのソシキ、なんでこんなに異動させるんだろうね!

 

 とはいえ、本当に最近は質の高い仕事ができているなあと感動しています。

 なんと言っても、後輩がほんとうによく働いてくれて、

 素直で謙虚で、

 スタンドプレーの結果としてのチームワーク的なパフォーマンス(何言ってんだか意味不明)を展開できています。

 

 で、三年目にしてやっと物理的にも精神的にも余裕ができてきて、

 つまり仕事中に無駄喋りができるようになってきて、

 後輩たちを連れて「ごはん会」をしようという企画をするに至りました。

 

 その名も「若手で囲む会(略してワカイ)」若い、和解、輪会、話会等々。

 

 うちの職場はほとんど女性で、管理職だけが男性の職場なんですが、

 例年、課内の飲み会の他に係内で小さな飲み会や気のあった後輩、

 先輩飲みはあったんですね。

 

 でも、私は呼ばれるばかりで、一方で呼ばれても不遜なことに「全然盛り上がんねえ会だな」と内心思っていたので、

 じょじょに行かなくなってしまったのです。

 結論、時間の無駄だと踏んだんですね。

 だったら、個人的に仲のよい友達を誘っていくわ、みたいな。

 

 でもですね、最近、ほんとここ最近なんですけど、

 二十代の後輩が4人、課内にいるのですが、

 この子たちをもっとくっつけてみようかなあ、

 という気になってきたんですね。

 

 今まで自分がそういうことを下の世代にしてこなかったのは、

 罪なんじゃないかと、ふいに思ったのと、

 私自身この職場で責任を持たされるようになってきて、

 もっと下を育てたり、下が気持ちよく仕事をできたり、

 楽しく人生を送れたりするような「場」を

 古株の私がつくってあげられるんじゃないかなあ、

 と思うようになってきたんですね。

 

 年をとったということでしょう!

 

 

 ある意味女子会なんですが、

 職場の先輩と後輩がごはん会をするのって、

 あんがい先輩株から招集をかけないと、

 開催できなかったりってあるのかな、とそういうわけで、

 後輩ちゃんに声をかけたら、「嬉しいです」と本気で目を輝かせているので、

 「私にもまだできることはあったんだなあ(感慨)」みたいな気持ちになり、

 ワカイを開催することに。

 そして、それだけじゃなくて、

 今後は外の人間とうちの課内の人間をつなぐごはん会も開催しようと思っています。

 そういう場って、誰もが作れるわけじゃなくて、

 つなぐ立場、

 つまり両方の人間を知っている人じゃないとできないことなんですよね。

 

 私はこれまで古くは大学の恩師や最近は課内の先輩にこういう

 HUB的なことをしてくれる人がいて、

 こういう人がいればなあとずっと思っていました。

 でも、よく考えたら、今、私ができるかも、

 ということで私が周囲をつなぐHUBをやってみようかということになりました。

 

 考えただけでもウキウキするし、

 みんなが楽し気に食卓を囲んでいるのを想像するだけでも、幸せな気分になります。

 

 そして、こういうことを思うたびに、

 早く家族つくれればいいのにね、この人と思うわけです。

 ま、そっちの先は長いね。(笑)

 では、また次回w