6月10日(土)誤解するのも理解するのも私しだい(アドラー心理学)3/3

承前 1/3

承前 2/3

 

 だいたい、褒められたり、叱られたりということで一喜一憂する他人軸の人間は常に一定数存在するし、

 逆に褒めても叱られても、気にせず、結果をだしていくことにこだわる自分軸の人間も一定数存在する。

 結局は、相手を見て育てよ、というところに行きつくのだが、そういう分析に基づいた戦略はけっこう難しい上に面倒だから、やる・やらないだけで話をすれば一見、簡単に片付くように見える。

 しかし、本来人間を正しい自律した状態に導くというのは難しいことで、

 一定のやり方というものはないのではないかと思う。

 それをアドラー先生の鮮烈で端的なフレーズだけを切り取った指南書があり、

 それを真に受けるのは、出版社側と読者の共犯ともいえる。

 つまり、手抜きしてみたら? うん、手抜きしてみるw

  という思想犯と実行犯を生み出してしまう。

 

 とはいえ、アドラーに限らず鮮烈なキャッチというのはいつだって人をつかむ魅力を持っている。

 私だって長い文章より短いコピーのほうがクールだと思う。

 しかし、フレーズと実際の人間は全く別物だ。

 そこを忘れてはいけないよね、やっぱり。

 そういうわけで、アドラーの本。

 自己啓発本によくあるように、短い行間の間をよく読んで、自分の人生経験済みのことを答え合わせする程度によみ、自信をつけるぐらいがちょうどいいと思う。

 だから、未経験の戦術を展開するための指南書として読むのはちょっと危険だ。

 だから、危険のない読み方をしようとすると答え合わせになる。

 答え合わせほど退屈な読書はないよな、というわけで私は自己啓発の本より、冒険しする小説がいいかなあとなる。

 

 というわけで、ディスってしまったのだが、本当な心に残ったこともいっぱいあったので、それは次回で挽回します(←はじめにやれ)

 そして、そして、アドラーについて、とても分かりやすく誤解を解く説明をされているサイトがありましたので、紹介します。

 愛情にあふれた内容で、とてもわかりやすく巷にあふれるアドラー誤解を解いてくださっています。

 

www.yomiuri.co.jp