5月29日(月)江戸の空気を味わう(映画:百日紅)

5月29日(月)江戸の空気を味わう(映画:百日紅

 

 浅草と両国の間を流れる大川(隅田川)にかかる大きな橋がある。

 橋を、浅草を背にしてわたるとき、川の左岸に見える幕府お抱えの米倉が見える。

 それで、ああ「お栄」が渡っているのは、両国橋なのだな、と思う。

 高い建物など一つとしてない、抜けるような青い空。

 江戸の空がことのほか広く見える。

 

 

 オープニングでお栄のいる場所がなんとなくわかってしまったとき、うれしいような切ないような気がした。

 うれしいというのは、お江戸の風景を見て、それがどこか見当がつくほど自分が江戸を知り得るようになったことからくる。

 切ないというのは、かつであって江戸の町にはもう二度といけないのだな、という寂しさからくる。

 

 どんな人も「自分が受け入れやすいファンタジー」があると思うが、

 私の場合はそれが江戸時代を舞台にしたチャンバラだったりする。

 水戸黄門や遠山の金さんなどは、見ていてつっこみどころが満載だが、

 そうであっても男女が出会ってぶつかって恋に落ちたり、その女魅力ある?

  と思う主人公がモテモテである、というような恋愛ものよりは、

 ずっと私にとっては受け入れられるファンタジーなのだ。

 

 まあ、一口に言っても時代ものと言っても幅が広すぎるわけだが、

ここのところは江戸の絵師、北斎とその娘、お栄ばかり追っていた。

 

 北斎はあまりにも有名すぎる絵師のため、小説や映画やマンガでも多く扱われているが、その中でも特に有名な杉浦日向子作の「百日紅」を見ていなかったのは不覚だった。

f:id:hagananae:20170529041115j:plain

 

f:id:hagananae:20170529041137j:plain

f:id:hagananae:20170529041153j:plain

 

この作品はお江戸を舞台にした漫画家であり、批評家でもある杉浦日向子のマンガを原作にしたアニメ映画だ。

 杉浦日向子はあの北方謙三宮部みゆきが「師匠」と呼ぶほどのお江戸通の重鎮だ。

 舞台はおそらく文化文政(1804~1831)の頃で、江戸がその平和であり貨幣経済が最高潮に達した、超絶文化的おされな時代だ。

 こういう時代には人が絵にお金を払うだけの余裕が生まれており、とはいっても、海を越えた英国のように産業革命で街や人々が追い立てられることもなく、20年後に日本をおそう幕末の血なまぐさい怒濤の時代の沸騰もない。

 

 まさにお江戸と言ったらさ、これよ、というような時代。

 

 この映画が、思いの外よかった。

 とくになにも起こらず、どうしたんだ、この映画、どこがいいんだ、

とおそらく普段の私だったら地団駄を踏むのだが、

この作品にかぎってはそうならなかった。

 

 その大きな理由は、江戸時代の雰囲気をあますことなく描いているからかもしれない。

 それは、ゆったりと流れる時間だったり、

 高い建物のない江戸ののんびりとした町並みであったり、

 大川を流れる青く澄み切った水であったり、

 長屋の閑静なたたずまいであったり、

 まさに杉浦の思うお江戸ファンタジーなのだが、

 そのファンタジーがひどく心地がよかった。

 

 疲れてるんだ自分、というのはもちろんのこと。

自分が切り絵図で追っていた平面的な二次元が三次元として「風景」として立ち上がって、目の前に広がっていることの感動だった。

 

 ああ、江戸時代に行ってみたい。

 時代小説家が抱くそんな夢をふいに私も感じた一瞬だった。

 そういうわけで、「百日紅」ではなにも事件らしい事件は起こらない。

 ちょこちょこと化け物退治をしたり、妹が危篤になったり、

 淡い恋があったりと随筆的な事件は起こるのだが、

 たとえばお栄が絵師としてゆるく成長をする、

 ということをのぞいては起承転結をするような大々的な事件は起こらないのだ。

 だからこそ、江戸の町並みや空の高さ、四季が移りゆく空間をゆったりと感じられる。

 この感じる余裕がきっと江戸ファンタジーの醍醐味で、杉浦日向子の残した江戸の良さなのだと思う。

 なので、おすすめはしない。

 なぜなら、お江戸の景色は今も残る日本の四季を感じる余裕さえあれば、

 感じられるものだからだ。

 それをあえてみたいというのは、

 江戸時代というあの信じられないくらい平和でゆったりした時代があったという、ノスタルジーであり、懐古趣味がもたらすものかもしれないと、思うのだ。