5月28日(日)かわいくない子が旅にでる

5月28日(日)かわいくない子が旅にでる

 

 まじで信じられませんが、今年も5ヶ月経ちましたよ。

 まあ、3ヶ月とか4ヶ月のうちは、日々のことに忙殺されていたわけですが、5月も終わるとなんかこう、冷静な目というものが戻ってきますな。

 そして、眺めてみると、まあ恐ろしい。。

 5月ですよ。来月オール読みもの締め切りじゃん。2本書くとか言っておきながら、なにもやってないじゃん。。

 みたいなことですよ。

 まあ、最近みんなに言ってますが、なにをしてもしなくても、時は流れていくものですね。

 

 コーイン矢の如しですよ。

 

 そういうわけで、タイトル。

 旅ですが、ついに来週から高野山熊野古道に2泊三日で行きます。

 もうねえ、念願かなったり。

 超絶楽しみ!!やっほーい!

 

 

 

 

 

 っていうのは、嘘です。超絶めんどくさいです。

 

 

 いや、ほんと。

 心の底から旅なんてめんどくさい。

 でも、行かなきゃと思って行くわけです。

 どうせ行くなら、まか不思議な文化があるところ、とか思うのです。

 もう、熊野と高野山にいたっては、結構勉強しましたよ。

 イヤになるくらい。

 

f:id:hagananae:20170528145852j:plain

(↑私のてづくりしおり 1日目)

f:id:hagananae:20170528145930j:plain

(しおり、二日目)

 

 

 途中、天理教の本山も寄るのでそっちのもかじったり。。

 

 だいたい、行く前に猛勉強してから行かないと、

 仏像とか寺の境内って全世界、日本全国同じに見えますからね、

 

 

 さて、今回は旅がめんどうだって話がテーマです。

 とはいえ、私は定期的に旅に出ることを自分に課してます。

 義務づけていると言ってもいいです。

 

 イヤなら家にこもっていればいいのに、と思いますが、

 家にこもっていて、しかも地元の人間が8割教を占める非インターナショナル、

 苛烈ドメスティックな職場(役所とかね)にいると、

 頭がおかしくなっちゃうんですね。

 ものすごい狭い思考と、半径30キロの栃木県的思考になるというか。

 物書きを目指す上でも、仕事をする上でも、ぜんぜんよくないわけで、

 

 なので、旅に出ます。

 

 とはいえ、国内ですから、行ってはみても、またぞろ寺か、海か、船か、川か、ラーメンか、そばか、うどんか、コロッケか、ってなわけです。

 

 ですが、旅の真骨頂は終わってからなんですね。

 終わってから、なんだかいままでと違う日常が見えてきたわってなことになるわけです。

 具体的いうと、煮詰まっていた考えが暴風に吹き飛ばされたり、同じ暴風がこれまでにない考えをどかっと胸の中に放置していったりするみたいな感じです。

 これが、長く目のでない努力、(たとえば作家になるとか)をする上でこの上ない活性剤になるというか。

 だから、旅を義務化しているというのもあります。

 

 なんでしょうね、ほんとうに旅というものがつまらなくなりましたよ。

行っている間なんて、ほんとうにだるいというかね。

 でも、旅をすることで切れ間のない日常を一時的に無理矢理放置して、

 身体ごと、違う土地に持っていくのはかなり意味のあるリフレッシュです。

 かつて、私も旅にでるとうきうきしました。

 心の底から解放されて楽しかったです。

 今、旅にでて楽しめないのは、私がほんとうにしたい仕事になかなかつけないからです。

 本当に心の底からぶつかれる仕事を持ったならば、きっと旅も楽しめるんじゃないかと思います。

 旅はきっと、日常に充実しているからこそ、楽しめるかなり贅沢なものなんじゃないかと、今はそう思うわけです。

 

 

 そういうわけで、結論

みなさん、人生楽しくても楽しくなくても旅をしましょう。

 きっと、離れることで見える日常のよさがあります。

 

 

 ちなみにこれを同じことを今月見た、「るろうに剣心」実写版、伝説の最後編の剣心の師匠が言ってます。

 

f:id:hagananae:20170528150227j:plain

(↑ 剣心の師匠、、っていうか解説不要なぐらい有名、、かもしれないシーン)

 

春は夜桜 夏には星 秋には満月 冬には雪 それで十分酒は美味い。それでも不味いんなら それは自分自身の何かが 病んでる証拠だ

 

 

 私の場合、二泊三日も旅をしてつまらないってんだから、これはもう病んでる証拠でしょうね。

 でもいいんです。

病んでる上等ですよ。

 いまさら健康になんか、なってもつまらないだけですからね、

と、私は師匠に言い返し、斬られるのでしょうね(笑)

 では、いってきま~す