読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4月28日(金)ツバメになりたい

f:id:hagananae:20170428214521j:plain

(去年我が家で生まれたツバメ ひとりひとりかわゆい顔してるw)

 

 

 いつのまにか一年が巡っている。

去年の夏の終わり、軒先のツバメは三度子供を生み、

私の部屋のベランダは20匹近くのツバメの子供たちでいっぱいになった。

 

 その若々しい子供ツバメ達は夏の終わりに、少しずつ飛去り、

やがて軒先には主のいない巣だけが取り残された。

 

 そのツバメ達が、つい先日また戻ってきた。

たくさんいた兄弟たちの誰が我が家に帰ってきたのか、それはわからない。

わからないけれど、夫婦となって、すぐに巣作りを始めた。

それは春先のことで、今はもう巣作りが終わろうとしている。

f:id:hagananae:20170428214749j:plain

(こっそり私が部屋からのぞいてとった兄弟たちの写真 去年w)

 

 4月に入り、忙しい毎日がはじまり、休日も家ですることが多く、気分は浮き足立つものの、どこかに旅にでる気にもならず、机の前に本ばかり積んで、読んでは書いての日々だった。

 

 12日に35歳を迎え、それが焦りになっていたのかもしれない。

 まだ何者にもなれていない自分と、ゆっくり進んでいくんだと思いなおす自分。

 それでも、もう無駄なことはできないと思い、ゆったりなにもかも忘れて遊びたいとも思えない。

 適度に充実しつつ、本当のところなにも肝心なことができていないという日々。

 息苦しくなり、ひさしぶりに仕事の帰りに温泉に行こうと思った。

 温泉ならば、時間を使うことなく、気分転換ができる。

 母を誘い、その日偶然にもリニューアルオープンした喜連川の温泉に行くことにした。

 リニューアルと行っても温泉の中身は変わっておらず、外のフードコートや野菜や特産品の売店が規模を拡大しただけだった。

 みちの駅が閉まるのは早いので、私たち親子が着いたときには今までどおり、温泉施設が開いているだけだった。

 私は露天風呂につかり、母はサウナに入った。

 しばらくぶりに喜連川温泉に入ったが、少しはいるとからだが芯から暖まった。

 湯船の外にでて、涼しい風に当たっても、身体がまったく冷えない。

 身体が暖まると、心がゆるゆるとゆるんでくる。

 私は長く入るために、外で風に当たることにした。

 すると、露天風呂のすぐ目の前の壁に通気口があり、その小さな雨よけの上に鳥が一匹ずつ座っていた。

 通気口は二つあり、柔らかいライトに照らされている。

 そっとちかづくと、鳥と目があった。

 ツバメの夫婦だった。

 露天風呂の中にこっそりと巣を作っているのだろう。

 二匹は眠たそうに、私を見下ろした。

 私は風にあたりながら、ここにもツバメがいるのか、と思った。 

 心は疲れも少しずつほぐれていたが、ほぐれたからか、しんみりした気持ちになってしまった。

 

 ツバメは、あっという間に成長し、巣を離れ、そして暖かい場所を求めて長い距離を跳び続け、そしてまた同じ巣に戻ってくる。

 そのときにはきちんと相手を見つけて、すぐに子供をつくる。

 それに比べ私は、まったくなにをしているのだろう。

 

 情けなくて、涙が出た。

 ツバメになりたい。

 ふいにそんな風に思った。

 

 湯を出てからも、なんだか疲れが出て、ロビーで母の長風呂を待っている間もノルマの読書をすることもできず、頭の中でツバメの姿がちらついた。

 母が戻ってきたときには、すっかり身体が冷えてしまい、結局帰宅してからもお風呂に入るはめになった。

 

 身体が暖まってくると、まあ、これが私の人生かな、と思い、眠気が差してきた。