4月15日(土)感慨がないことが感慨深い 1/3(映画トレインスポッティングの続編)

 

 

 パルコ20周年のポスターで、自分が15歳から20年も年をとったことに衝撃を受けた私は、気を取り直すために花束を買うことにした。

 

 しかし、20時をすぎて花屋があいているだろうか、と思ったらなんと開いていた。

 間口が狭く、客と店主が店の前で立ち話をしたら、それで店内には他の客が入れなくなるような店だ。

 店内からはメランコリックな女性ヴォーカルの歌が大音量で流れ、

 人気のない路地裏に響ている。

 店先に恐る恐る近づくと、お世辞にもセンスが言いとはいえないブーケが並んでおり、とりあえずそれ以外の花束を作ってもらうおうと私は声を張り上げた。

 それなりに大きな声を出したつもりだったが、ウナギの寝床のような店内の奥でこちらに背を向けているエプロン姿にキャップをかぶり、黒縁のめがねのぽっちゃりなお兄ちゃんには聞こえていないようだ。

 彼はこちらに背をむけたまま、鼻歌でも歌うように体を揺らしながら、

 花束をつくっていた。

 私がもう一度、声を張り上げると、彼はあわてて私のところまで走ってきた。

「あのー!、1000円くらいで、適当に花束つくってほしいですけど!」

 私が音楽に負けじと大声で説明すると、お兄ちゃんはあわてて私の隣の壁にかかっていたスピーカーのボリュームをつまんだ。

 いっきに女性ヴォーカルがBGMと化し、私たちは普通の声でしゃべることができた。

 私はお兄ちゃんになんでもいいので適当に花束を作ってくれるように指示した。

 お兄ちゃんはつぼみのチューリップとカラーと言われる水芭蕉に似た花のほかに、ブルースターをあしらってくれた。

 なかなかかわいい取り合わせだった。

 それなりにいい感じの花束を作れるのに、なぜか店頭においてあるブーケはセンスがいまいちだった。

 まあ、いい。

 しかし、私は彼が今、あしらっているブルースターにはイヤな思い出があった。

f:id:hagananae:20170415211919j:plain

(お花屋さんの彼がつくってくれたブルスターの花束から 花弁は青と紫)

 

 

 思い出と言っても一ヶ月前のことだが、この店とは違う花屋で買ったブルースターが三日もしないうちに枯れてしまったのだ。

 いままでこんなに生命力の弱い花に遭遇したことがなかったので、

 かなり落ち込んで、私は二度とブルースターは買わないと誓ったのだ。

 おそらく、ブルスターはかわいいが、生命力が極端に弱くてすぐに枯れてしまうひ弱ちゃんなのだろう。

 しかし、目の前のお兄ちゃんはそのブルースターをしこたま花束に盛っている。

 私は、意を決してお兄ちゃんに囁いた。

「あのお、その花前に買ったときにすぐ枯れちゃったんですけど」

 お兄ちゃんは私を見ると、手元にあったブルースターを取り上げた。

「ああ、それはこの花は水上げが悪いからです。切り口を見てください」

 お兄ちゃんは、花の根本をはさみで切った。すると、切り口から白い液体がにじんできた。

 まるでミルクのような真っ白な液体だ。

 

 

hagananae.hatenablog.com