読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4月1日(土)職場の異常は中堅にとってBGM,新人にとっては事件

 

 昨夜は先輩の送別会で、係りの中だけの仲良しメンバーだけでバーに集まった。

 普段、職場のメンバーと飲むとなれば、20人ぐらいであるし、かといってグループ飲みをするほど仲がいい上司先輩がいないため、飲み会というといつも二人か三人飲みだ。

 昨日は、珍しいことに

 

昨年入った新人職員と、25年つとめた上司、先輩、そして6年、9年目の私の6人飲みだった。

 

 

 

 管理職抜きの若手だけで集まり、しかも私ともう1人の職員が6年目なので、組織のあれやこれがみえてきたり、もう体制批判のわりに、どうしていいかその処理方法が見えない、見えていても力学に手が出せないという年代で、飲んでいると基本いらいらしてくる。

 そんなときに、昨年入庁した、新人の26歳の後輩が、突如としてうちの課長(来年定年の愛されキャラ)のものまねをしだした。

 これが大受けだ。

 まさに内輪ネタでしかないのだが、うちの課長のシラフでも常に酔っぱらったようなクダをまくような、くどい展開のしゃべりを見事に演じきっていて、大笑いした。

 飲み会で場がしらけると、ふいに彼女のものまねを思い出して、思い出し笑いをして「気持ち悪!」と、言われたが、それほどこの課長のものまねはウケた。

 

 一般的に言ってものまねは、似ているだけでおもしろいのだが、そもそも、ものまねができる「特徴がその人にあった」という発見に感心させられる。

 その「似ている」と「あるある」が交差して、ウケになるのだが、彼女の課長ネタを見て思ったのは、どうしてこれほど特徴的なしゃべり方をしている課長をこれまで誰も「まね」しなかったのか、ということだ。

 これは、あきらかに新人と職場に慣れきった私のような中堅の目の付け所の違いだと思われる。

 課長のクドいしゃべりかたは、日々業務がマッハで進む事務所においては、私の中では聞き飽きたBGM以下になっており、実際、課長とはなすときも、「課長、まさかよっぱらてないでしょうね」とくどく、切れ味の悪い質問をされるたびに、メンツを傷つけないぎりぎりの先でつっこみをしておくか、ぐらいになっており、その傍目に異常な「しゃべり方」に知らぬ間になじんでいた。

 私の場合ほぼ、仕事の忙しさに忙殺される勢いでこの異常を放置しているわけだが、新人にとっては仕事の忙しさは表面的なもので、実際、どの程度の労力を払わなければならないのか理解している場合の「忙しさ」と、わからないけど、雰囲気的に「忙しい気がする」は、心理的に天と地ほどある。

 私のような中堅にとっては、業務過多の前に課長のしゃべりは相殺されるが、新人は逆にその課長のしゃべりの異常が目につく。目について仕方がない。

 これは、発見だった。

 私のような中堅には、知らぬ間に職場の異常さが当然になり、それが背景になってしまうということだ。

 これは、かなりおそろしいことだ。

 

f:id:hagananae:20170401205050j:plain

(↑ ザックス弟のボウを育てるの図 8年前、私が新人の頃の写真

   私もたくさんの先輩方にそだてられて、今うざい姉御になりました。。。)

 

 このケースの場合は、ただのお笑い話だが、新人の視点というのは組織の中では得難いものだと思わされた。

 課長のしゃべり方なんていうものは、笑いの種で終わるが、そのほかうちの組織でまかり通っている異常さがおそらく気がつかないだけで山ほどあるに違いない。

 これからは、新人の意見にもっと耳をかたむけて、笑いだけにかぎらず、貴重な意見を引き出すキーとして彼らを育てていかなければなあ、と思った次第だ。