3月23日(木)必要悪と汚職警官・警察腐敗(2)(映画:日本一わるいやつら)

 承前(1)

 そもそも、なぜ主人公が犯罪を取り締まるために、犯罪に手を染めたかというと、単純な理由が二つある。

 一つは、警察のノルマ主義だ。

 銃・麻薬の摘発。

 そのノルマは全国の警察の内部抗争にもにて、末端の警官は取り締まりの数字を上げるために、上から強い圧力をかけられる。

 末端の警官は公務員であり、薄給なのが当然で、しかし銃や麻薬のルートを摘発するためには、ヤクザ・暴力団・犯罪者からの情報提供が必要になる。

 その資金源のために借金をしたり、自身で麻薬の横流しをすることになる。

 

 警察官が犯罪に走る二つ目の理由は、警察が組織を守ることを優先しているからだ。それは時に、市民の安全よりも、警察組織の保身が優先される。

 警察が単純にノルマ主義を標榜すれば、その数字達成の前に、手段は正当化される。

 警察にかぎらず、官僚組織は腐敗するのは決まりきったことで、とくに警察のような犯罪をとりしまるためには、自らも犯罪すれすれの暴力と行為をすることもあるだろう。

 それは、必要悪というもので、絶対になくならないし、それをなくして治安など維持できない。

 しかし、暴力の行使が許されるのは、その目的が市民の安全を守るという大儀があるからだ。

 それを見失ったとき、警官はただの犯罪者となる。

 その線引きというのは、おそらくそうとうに難しいはずで、汚職がなくならないのも、警察がきれいごとだけでは犯罪を取り締まれないからだろう。

 いっそ、警察は暴力集団であり、犯罪をなくすための犯罪ぎりぎりの悪者だ、と認めてしまえばいい。

 認めなくても、事実そうなのだから、警察にきれいなレッテルを貼ろうとするから、おかしなノルマ主義が横行するのではないだろうか。

 いや、正直警察の汚職が根がふかく、簡単には語れない。

 語れないからこそ、この映画では、組織に忠実な猟犬ほど、組織に利用され、首を斬られるということを伝えたかったのかもしれない。

 そして、警察にそうさせているのが、国民の意識でないとどうしていえないのか。

 まあ、そこまで考えても何ができるというわけではなく、もやもやが心に生まれるだけなのだが。

 そんな汚職警官の映画をまたしても、観てしまったのだった。