3月9日(木)私は隠れM(マゾ)

 

 自分に対する認識はずれがちだ。

 私はずっと自分のことをエスだと思っていた。SMでいう、エスだ。

 人に指図は聞かないし、聞いているふりをして自分のしたいことしかしないし、

人をコントロールしようとはしないけれど、うまく扱うことにエネルギーをそそぎたいと思うし、とにかく自分流でその日をクリアすることになんの依存もない。

 ただ、誰かをいじめるほどその誰かに関心がないという点で一般的なSではない。

 

 だが、ここのところ前回のブログでも言ったが体調が絶不調だ。

 体調がいまいちだと、判断力がにぶるし、そもそも判断するエネルギーそのものを捻出しにくい。

 だから、信頼できる人間に最終的判断をゆだねたくなる。

 そして、ゆだねられる人間としかこの時期つきあわなくなる。

 体調悪化の期間は最悪だったが、おかげで自分が信頼できる人間を見極めることができた。

 そして、私自身自分に対する認識が180度変わった。

 

 私は隠れエムだったのだ。

 

 体調が悪化すると、本音が見えてくる。

 それは、私はエネルギーのある人間のふりをしているが、本当はなにもやりたくないし、ぼーっとすごすのが好きな人間だということだ。

 ただ、何かしないと人間生きていけないし、やるとなると短期的に人より熱血し、どうせやるなら、楽しく行こうぜ!というこれが、時になあなあな人々をなぎ倒し、説得するエネルギーに誤解されて、エス的な人間に見えるのだ。

 

 しかし、本当の私は自分のやりたいようにやりながらも、大事な部分、最終的判断は相談して決めたいタイプなのだ。

 体調が悪いなか、私にとっては大事なことを二つ決断した。

 一つは病院にいくために欠勤をするということ。

 一つは、やっぱり髪をカリアゲ続行、もっとカリアゲて、髪もアッシュ系に染めるということ。

 どちらも自分の体とデザインを職場とうまくバランスをとることが判断の肝になっている。

 

 体調が悪いと判断がつらい。

 自分のなかではやりたいことは決まっている。

 もちろん、体調をいち早く万全にするために、多少納期がタイトになろうとも休養をとること。

 そして、世間の女性らしさや役所的な保守スタイルを逸脱して、自分らしいスタイルを続行することは決まっている。

 しかし方向は決まっているのに、その最期のゴーサインがでない。

 でないから、誰かに「やれよ」と言ってもらいたくなる。

 この時期、それをしてくれたのは、私の体と髪をメンテナンスしてくれている整体師とスタイリスト二人の先生だった。

 

 今回は、彼らに泣きつくまでとは行かないけれど、相談をした。

 すると、「やりましょう」となった。

 このときの安堵感はひとしおだった。

 私はやりたいことは誰に反対されようともやる。

 けれど、いつもやれるわけではない。

 だから私がやりたいと思っていることを心底見抜き、それを後押ししてくれる人に命令されたいのだだ。

 そう、私は隠れエムだったのだ。

 隠れエムは隠れエスとうまくいく。

 隠れエスのような人を私は人生に一人でも多くほしい。

 それが、豊かな人生だと思う。