5月21日(土)がんばらない日々はやっぱりつまらない

 

 先週の金曜日、ひさしぶりに会社に行きたくない病になり、休暇をとりました。

考えてみれば、ここ3ヶ月くらい有給をとったことがなく、体も相当つかれていたのだな、と。


 そういうとき、私は「いいや。休んじゃえ」という考えで、

あっさり休暇をとれてしまう性格なので、その日から3日間ゆっくり休みました。

 その間ほとんど、ベッドの上ですごしていました。

 

なんと言っても、起きあがっても2、3時間ぐらいで胃痛がはじまってしまい、またベッドにもどるのローテで。

しかしベッドで読書しちゃうわけですが。

 それでも体が疲れると、心がナーバスになるのですね。

思い切り「がんばらない」啓発のサイトを読んで、ひたすら「なすがまま」にいきることを奨励してみたり、少し元気になって本屋に行ってその手の本を探してみたり。

でも、根がチャレンジしてみよう、という性分のせいか、すぐにまた「目標、チャレンジ、失敗してもがんばってみよう!」という気持ちになり、精神的病み上がりのくせにいっぱい本を買って帰りました。


 ひさしぶりに休暇をとって、読書をしたら自分の本分に立ち返れたような気がして、月曜日から創作も開始しました。


 誰かを待っている不安のとき、

誰も待つ人がいないとき、

読書と創作は孤独を忘れさせてくれるツールで、

先週はその本分にもどれた感じです。
 毎日同じ生活の繰り返しをしていると、つい自分の欠点ばかりが目についてしまうのですが、その欠点を愛してみようという余裕ができたのは、やっぱり休暇がとれたからだと思います。


 若い頃は、その余裕や違う視点から自分を眺める俯瞰が旅というツールだったのですが、30代になってからは、旅行は本当に少なくなりました。

かわりに、読書や創作、近場での一泊の旅になりました。


 他人に説明しづらいこの非日常を私はかってに「心の旅」を言っているのですが、

職場では「さみしいねえ」とか、「意味不明」と苦笑されます。

例によってヒトにどう思われても、いっこうに意に介さない私ですが、

このインナーユニバースへの旅(笑・言っていて自分でも笑える)は本当に、

ヒトには伝わらないんだなと思います。


 自分がどう生きたいのか。

自分の求めるものに拒絶され続けた結果、どうするのか。

それでも人生は続いていくときに、どうしたら少しでも幸せになれるのか。

たった一つの希望を探し、それに気づくことは、もう外部の旅行ではなく、

ひたすら内観することにしかないというか。。

そのことを「心の旅をしている」と言った一言で理解しろ、というほうが難しいのかもしれませんが、それでも職場に心底私を理解してくれる先輩がいることが、本当に私にとっての生きるよすがです(笑)


 その先輩は政治家の妻なので、ほんとうにふつうの公務員とは違う考えで、月に一回、一緒にランチするたびに、お互いの人生をしゃべりあって、本当に癒されます。
 昨日も久しぶりにランチをして、またがんばろうという気持ちになりました。

そういうわけで、落ち込んだりしますが、元気です的な魔女宅のラストみたいな近況報告です。


 私が元気づけられることは、やっぱり他人に何かをしてもらったときで、それが職場が嫌々といいながらも、職場の人には本当に恵まれているという理由でもあります。

( ただ、公務員という枠組みを見てしまうと(傾向はかならずあります)ほんとうに法律に守られて、縛られて、税金に守られて、縛られて、去勢された人間の集まりだという認識はあります。

 一言で言えば、スケールが小さい。

 役人がそういう人種であることは、職務に照らし合わせても当然であるし、いいのですが、やっぱり8年勤めて、本当にここにはいたくないという気持ちが日々、爆発しかけているのですね。。 蛇足です)


 話しを元にもどします。

 そんなわけで、先輩も上司もすごく忙しいのに(先月は私が課内で一番残業してたけど)仕事を手伝ってくれて、そういうとき「やっといたよ~」とか、言われると本当に「先生(教育委員会が私の現職場)、超絶かっこいい! よし、わたしもがんばる!!」と、なったり。。

 そこで、お礼に仕事をがんばればいいのに、先生方の出張のときには「おみやげは東京駅のエビをそのままプレスした煎餅が超絶おいしいのが、いいです!大好きで、いつか食べたいと思っていましたが、でも愛を感じられればなんでもいいですよw」的な逃げ場のないいらんお願いをして、結果昨日は先生にエビフライ煎餅を買ってきてもらいました。

 

 先生たち、足を棒にして、東京駅をじゅうを探し回ったぜ。

とか、言ってましたが、男二人で、スイーツ祭りの構内を探し回ってさぞかし大変だったなあ、と思いつつも本当に、ありがたいなと思いました。
 実際に口からでたのは、「言ってみるもんだな~、おいしい~!!!」だったわけですが。
 そういうわけで、とにかく表面的には生きています。
 いつまで生きられるかわかりませんが、心が持つ限りはもう少し進んでみようと思いますw

 しかし、今回の日記はいつにもまして支離滅裂。