【歴 史】

9月3日(日)密偵(16)韓国 するめゲームならぬ、するめ映画、密偵!!(ネタバレなし)

(密偵 日本公開はちょっと先の11月です) 昨日、ラジオで聞いた『するめゲーム』というフレーズが耳に残っています。なんというタイトルのゲームのどんな部分が『するめ』なのか、例によって忘却の彼方なわけですが、とにかく噛めば噛むほど味が出るそんな…

3月20日(月)ほんとうの教養とは:司馬遼太郎著「十六の話」中公文庫(97)

いやいや、ひさしぶりにあたふたさせられた。司馬遼太郎にである。 (↑私のうんざりする司馬歴) 司馬の著作「十六の話」はとても、お風呂に入ってワインを飲みながら読める内容ではない。 もう、大量の知識が凝縮されていて、何をいっているのかわからない…

3月18日(土)イマ・ココ ⇔ ミライ・カコ・アソコ

東京で5年暮らして、仕事も少しして、地元に戻ってきた。 地元で就職をして、公務員を8年目。 地元が大好きというわけではないけれど、ここより妥当な場所が見つからない。 結婚を考えた時には、栃木をでることも考えたけれど、結局いまもここに住んでいる。…

12月25日(日)歴史の海を泳ぐ

今年の10月くらいからか、週に一度は図書館か本屋で新刊本を見に行こうと、思うようになった。 その前までは、その回数は多すぎた。しかし、10月に速読の本を集中的に消化したら、 本を読むことに抵抗がなくなった。以前から多くの本に対して読まなくてもい…

11月2日(水)司馬遼太郎のターン

11月2日(水)司馬遼太郎のターン 先月、四国を周遊した。 その旅では伊予松山、土佐、讃岐と巡り、それぞれの場所が司馬遼太郎の作品である「坂の上の雲」「竜馬がゆく」「空海の風景」の舞台だった。 平安初期から明治までを網羅するように作品を書いた司…

10月17日(日)坂の上に行くまでが楽しい(四国旅レビュー)

10月16日(日)身体が脳に追いつかない日々 9月末から10月にかけて、両親と四国旅行に行ってきました。車で。 ほんとうに、疲れます。 車で旅行するのは、私たち家族の定番で、もともとは関東の片隅に住む私が、瀬戸内海の絶景をみたい、そして距離感を味わ…